交通事故の被害者への補償を自賠責保険のみで行うことの問題点について

交通事故を起こした場合、被害者に対する補償は自動車保険で賄うのが一般的です。自動車保険は強制加入の自賠責保険の他、ドライバーの判断で加入する任意保険があります。

法律上は任意保険への加入義務はありませんが、自賠責保険のみの補償では問題が多いのも事実です。自賠責保険の問題や任意保険の選び方などを学びましょう。

自賠責保険は他人の怪我を補償する保険

強制保険とも呼ばれている自賠責保険はすべての車の所有者に加入が義務付けられています。自賠責保険に加入していなければ車検が通らず、道路を走ることができません。自賠責保険が切れた状態で走ってしまうと免許停止の処分を受ける他、加入済みでも証明書を携帯していないと罰金を支払うことになります。

自賠責保険はそれだけ重要な保険とも言えますが、その一方で補償内容は必ずしも充実しているとは言い切れません。自賠責保険の補償対象は加入者以外の人に限られています。車や建物などの物品、自賠責保険の加入者はどれほどの被害を受けても自賠責保険の補償対象にはなりません。

交通事故で双方の車が壊れた場合、自賠責保険では修理費を一切賄うことはできないので注意が必要です。また、事故のせいで怪我を負ったとしてもその人が自賠責保険の加入者だった場合、治療費など事故に関する出費はすべて自己負担になります。

珍しい例としては怪我を負った相手の過失割合が100パーセントだった場合も自賠責保険での補償は行われません。

自賠責保険の補償は上限が決められているので十分な金額が支払われない可能性がある

対人に限って言えば自賠責保険でも補償はされるので任意保険は不要に思えますが、実際は自賠責保険のみでは被害者への補償は十分ではないと言わざるを得ません。

自賠責保険で支払われる補償金については怪我の治療は120万円まで、死亡した場合は3000万円までと上限が決まっています。

もっとも金額が大きい重度の障害に対する補償も4000万円が上限とされていますが、これは自賠責保険が交通事故の被害者に対する最低限の救済を目的としているためです。

あくまでも最低限の補償を賄うためであり、それ以上の金額になったら加害者が自腹を切って補償をするという位置づけになります。実際の交通事故では被害者へ支払う補償金が4000万円を超えることなど珍しくありません。

そのため、自賠責保険のみで被害者を補償するのは現実的ではないと言えるでしょう。

交通事故に関する金銭のトラブルを避けるなら掛け金が嵩んだとしても任意保険に加入するのが賢明です。任意保険なら被害に遭った人への補償に限らず、車などの修理費も保険で賄うことができます。また、契約プランによっては補償金額を無制限に設定することもできるので、自賠責保険と比較すると金銭面での補償は充実していると言っても過言ではありません。

バイクの自賠責保険について

自動車の他にバイクも自賠責保険の加入義務があります。特に排気量が250cc以下のバイクは車検がないので忘れがちですが、バイクも車の一種なので排気量を問わず自賠責保険に加入しなければいけません。バイクの自賠責保険は自動車と同様に基本的には車検時に自動更新されます。

車検とは別に加入手続きを行う場合は車の販売店や修理工場、保険会社の窓口などが利用できます。排気量が250cc以下のバイクはこれらに加えて郵便局やコンビニ、インターネット上でも手続きが可能です。

任意保険の上手な選び方

任意保険に加入する場合、何よりも事故を起こした際の補償内容にこだわることが重要です。掛け金が安くても補償金額に上限がある保険は避けるのが無難です。交通事故の被害は大きくなりやすく、特に対人事故は死亡や重度の障害に至ることも珍しくありません。

事故の程度によっては億単位の金額を請求されることもあるので、そのような事態に備えるためにも補償金額が無制限のプランを選ぶのがドライバーの務めと言えるでしょう。掛け金は割高ですが、その分だけ充実した補償が受けられます。

また、自動車保険は基本的に車を運転する人が多いほど掛け金も高くなります。運転を行う回数が多くなればそれだけ事故を起こす可能性も高くなるためです。逆を言えば同じ補償内容の保険でも運転する人が少なければ事故のリスクも減ります。

保険によっては運転する人の人数や年齢などの事柄を基にした特約を設けている物もあるので、条件に該当すれば掛け金を安く抑えることも不可能ではありません。車両のレッカーや鍵のこじ開け、車に積んでいる荷物の盗難補償などの付随サービスも省略した分だけ掛け金が安くなります。

自身の運転スタイルに合致したプランを選び、使わないサービスを省略するのが少ない出費で充実した補償を受ける秘訣と言えるでしょう。

ネット型自動車保険が安く加入できる理由と注意点

自動車保険に限らず、様々な保険は営業マンと話し合い、その場で契約手続きを行うのが従来の方法でした。契約内容を確認した後に加入する意思を伝えると、その後の手続きは営業マンが行う形です。その一方で通信網が整備された現在ではすべての手続きを加入者本人が行う、ネット型の保険が広く普及しています。

補償内容は同じですが、ネット型の保険はより安く加入することができます。補償プランによっては数万円以上の差が生じることもありますが、これは営業マンを介さないことで人件費が発生しないのが理由です。従来の対面型の保険契約は必要な手続きを営業マンが行うため、その分の手間賃が契約料に加算されていました。

ネット型の保険はこの部分が存在しないため、安く加入することができるのです。また、ネット型の保険は補償プランの内訳を自分で設定できるのも大きな特徴になっています。ひとつの保険の中で複数の補償プランを追加すると、補償内容が重複してしまうことがあります。

補償が重複しても支払われるお金が増えるわけではないので、重複した分だけ無駄に掛け金を払う形になってしまうのです。ネット型の保険は補償プランを自分で選択できるので重複を避けることができます。その一方で必要な補償を誤って省略してしまうおそれもあることから、ネット型の保険に加入する際はある程度の知識は必須と言えるでしょう。

自賠責保険は最低限の補償と認識するのがトラブルを避ける条件

自賠責保険は加入義務がある自動車保険ですが、補償金の対象や支払い金額に制限があるので充実した内容とは断言できません。被害者に対して十分な補償を行うと共に、自腹を切る事態を避けるためには任意保険への加入が不可欠です。

二つの自動車保険に加入する形になりますが、万が一の事態に陥った際に補償金が足りないというトラブルを避けるためにも任意保険に加入するのはドライバーの責務と言えます。