交通事故で被害者がいいがかりをつけられた場合の対処法

交通事故はいつ遭遇してしまうかわかりませんし、遭遇した時に被害者になってしまうなんてケースも少なくありません。ただ交通事故の被害者に対して加害者が思いもよらないいいがかりをつけることがあり、それが理由で厄介なトラブルに発展してしまうケースも増えています。

そこで今回は、交通事故で被害者になった際にいいがかりをつけられた時の対処法を紹介します。

交通事故で被害者はどのようないいがかりをつけられる可能性がある?

交通事故の際に被害者が加害者からつけられるいいがかりの多くは、理不尽なものやこじつけたようなものとなっています。例えば加害者が事故を起こしてしまったのは被害者側に何らかの原因があるからなど、加害者だけではなく被害者にも責任があるかのような内容です。

場合によっては被害者のせいで交通事故を起こしてしまったなど、加害者よりも被害者に過失があるかのような言い掛かりをつけられることもあります。これが悪質ないいがかりになってくると、加害者側が被害者にとって代わり、実際の被害者に交通事故の責任を全て押し付けるようなこともあるようです。

このように交通事故で被害者側にいいがかりをつける加害者の心理としては、少しでも交通事故の責任を軽くして金銭面での負担を軽減したいと考えています。

交通事故の状況や対応によっては自分の責任を全て被害者に押し付けられるかもしれないと考える場合もあり、そうすることで逆に被害者からお金をもらおうという当たり屋のような心理を持ってしまうこともあります。どのような理由や心理であっても加害者のいいがかりは受け入れられるものではないため、注意が必要です。

交通事故でいいがかりをつけられた時の注意点

もしも交通事故に巻き込まれた際に加害者からいいがかりをつけられた場合、被害者が感情的に反論することは避けた方がいいと言われています。理不尽なことやこじつけのような内容を言われてしまうと感情的になってしまう人は少なくありませんが、示談交渉の場などで感情的に反論してしまうと弁護士や保険会社の人の心証を悪くしてしまう可能性があります。

さらに感情的に加害者と口論してしまうと加害者側のいいがかりが嘘ではないのではないかと思われてしまう場合もあるため、適正な慰謝料を請求できなくなることも考えられるのです。そのためどんなに理不尽ないいがかりをつけられたとしても、冷静に対応することが大切になります。

またいいがかりをつけられたからと言って必要以上に謝ってしまうと、本当に被害者側にも過失があったのではないかと第三者に印象付けてしまうことになりかねません。安易な謝罪は余計なトラブルを招いてしまうことがあるので、いいがかりをつけられたからと委縮することなく毅然とした対応が必要となってきます。

交通事故でいいがかりをつけられた場合にできる対処法

加害者から交通事故に関するいいがかりをつけられた場合、被害者ができる対処法としては毅然とした態度で自分が被害者であること・加害者に過失があることを伝えることが重要な対処法です。

毅然と対応することで加害者が一方的に意見を押し付けてくるような状況を避けることができますし、少しでも自分に過失があるような対応をしないことが大切なポイントになります。ただ当事者同士の場で自分が被害者で加害者に責任があると伝えても、加害者が逆上してしまったり全く効果がないことも少なくありません。

そのため弁護士や警察などの第三者を挟んで対応することも、いいがかりをつけられた時には必要な対処です。

ほかにも加害者のいいがかりが事実ではないことを証明しなければいけないので、交通事故の現場写真や証言などの証拠をきちんとそろえた上で示談や話し合いを行います。この時も弁護士などの第三者を挟んで対応すると加害者側の一方的な意見が通ることを防げるため、とにかく被害者は1人で対応しないように立ち回ることが対処する上で欠かせない対応だと言えます。

加害者にいいがかりをつけられる前にできる対策

交通事故の現場や示談交渉の場で加害者が被害者にいいがかりをつけてきた場合には、毅然とした態度で対応することや第三者を挟むなどの対処法があります。ただできる限りいいがかりをつけられる前に対策しておくことも必要なので、交通事故に遭遇した際にはすぐに警察に連絡して現場から動かないようにします。

被害者自身が大きなけがを負ってしまった場合はその場を動かないようにすることは難しいものの、警察に通報して駆けつけてもらうことで代わりに現場の状況をすぐに把握してもらうことができます。特に大きなケガをしていない場合は警察の到着を待ってから病院に行くことも可能なので、状況に応じて対処していくことが大切です。

またその場で加害者の謝罪に応じたり示談交渉を受けてしまうと、後からいいがかりをつけられた時に反論することが難しくなります。そのため交通事故に遭遇してすぐに謝罪に応じない・示談交渉に応じないこともいいがかりをつけられないようにする対処法です。

このようにできる限り加害者に都合がいい状況を作り出さないようにすることが、被害者にできる最大限の対策となっています。

被害者の言い分がいいがかりになってしまう可能性にも注意が必要

交通事故では加害者が自分の責任を逃れるためにいいがかりをつけてくることがある一方で、被害者の言い分が加害者にとっていいがかりのように受け取られてしまう可能性もあります。これは悪質な被害者が一方的に主張して加害者に相場以上の慰謝料を請求してしまうケースが少なくないためで、交通事故に関する証拠がなかったり相場以上の責任や金銭的な負担を要求する、感情的に加害者に攻撃してしまうなどの事例があります。

そのためいいがかりをつけられたと判断されないように、被害者はきちんと対策を取りながら加害者との交渉を行わなければいけません。またどんなに正しい意見を主張したとしても、証拠がなければ加害者からいいがかりをつけられたと判断されかねないため、交渉の際にはきちんと証拠を揃えて第三者にもそれを証明してもらえるように立ち回ることが必要です。

交通事故では被害者がいいがかりをつけられることもあると理解して対応する

このように交通事故で被害者は思わぬトラブルに巻き込まれてしまうだけではなく、加害者からいいがかりをつけられて責任を押し付けられてしまうこともあります。そのような場合はパニックになって慌てて謝ったり感情的に対応するのではなく、第三者を挟んできちんと対処することが必要です。

そうしなければ、正しい意見を主張してもこちらがいいがかりをつけていると判断されかねません。